急がず・焦らず・丁寧にひとつずつ作られています。

ここで、家事に育児に仕事まで、忙しい40代からの健康習慣、楽しい毎日を手に入れるカギは「ノニ」にあるのです。

そのノニに秘められたパワーは驚きの連続となっています。

1960年代ラルフハイネキーがハワイでパイナップルの酵素の研究をしていました。

その際に、ノニというハーブがポリネシア人の元気に役立っているという事実を知ったのです。

そこから興味を持ち始め、研究を始めたのがはじまりだったのです。

南ポリネシア人からは「神からの贈り物」と呼ばれていました。

2000年のもの前より健康維持に欠かせないハーブとして使われていたノニは、その科学的根拠が十分に解明されませんでした。

そこから更に、試行錯誤をしながら研究を重ねていきました。